初めてペットを飼うあなたが気をつけなければいけないこと

初めてペットを飼う時に、
気をつけなければならない初歩の初歩をおさらいしてみましょう。

初めて飼う時に、案外気づいていないことがたくさんあると思います。
ペットも人間と同じ生き物なので、大切に扱うことを前提として飼いましょう。

ペットを飼う部屋を選ぶ際の注意点

吠えたり、鳴いたりしないペットであれば、室内で飼っても良いと思っていませんか?
もし一軒家なら問題ありませんが、アパートやマンションでは大問題です。

catニオイがついたり、部屋を汚してしまう恐れがあるので、
ペット可のアパートを必ず選びましょう。

ペット可の物件なら、鳴き声やニオイを隣人にも多めに見てもらうことができます。
ペット可の物件に住むのなら、それくらいの覚悟もしているはずです。

もしペット不可の物件でペットを飼ってしまうと、罰金が科せられることがあります。
隣人とのトラブルになれば、訴訟問題にもなりえる可能性があります。

あなたはペットのことが大好きでも、みんながみんなペットを好きなわけではありません。
犬や猫が苦手な人もいるので、そのような人たちのことも考えて飼いましょう。
ペットが苦手な隣人であれば、なおさら訴訟に発展する可能性が高くなります。

ペット可の物件で注意しなければならないこと

ペットを飼いたい、ペットを飼っている、それならペット可の物件を探すでしょう。
ペット可といっても、ペットが何をしても許される物件ではありません。

購入した物件でも、隣人の迷惑になる様な行為はしないことが重要です。
ペットには必ずしつけをしなければならないことを覚えておいてください。

もし、借りもののマンションなら、できる限りキレイに使うことを約束してください。
ペット可のマンションでも、ペットが壁や床を傷つけたり、汚したりしてしまうと、
清掃費や修繕費を取られることがあります。

許容範囲のキズや汚れなら敷金で賄うことができますが、壁に穴をあけたり、
ひっかき傷がひどかったりすると、別途料金が必要になります。

ニオイや汚れに関しては、引越し前にできるだけクリーンにしておきましょう。

普段から汚れたら掃除をする、消臭剤を使っておくなど行っておいてください。
次に使う人のことを考えた生活をしていれば、引越しの時に困ることはないでしょう。

ペットを飼うにあたって問題になること

ペットは何かとお金がかかる生き物です。
賃貸ならば、敷金では賄えない損失が発生する可能性があります。
問題が起こらなくても、エサや毛並みの手入れなどに結構お金がかかります。

「良い賃貸物件が見つかったけど、ペットが飼えない」
「ペットではなく、もっと自分にお金を遣いたい」

そう思うことがあっても、絶対にペットを捨てないでください。

fishペットも人間と同じ生き物ですので、
一度飼ったペットは、最後まで面倒を見てあげてください。
授かった子供を捨てるようなことは、あなたは考えていないはずです。

「ペットだから良い」「人間ではないから良い」「邪魔なら引きとってもらう」
このような考え方が少しでもあるうちは、ペットを飼わない方が良いでしょう。

お世話を怠ると、ご近所トラブルにも発展しやすくなります。
構って欲しいと言ってペットが鳴くこともあるでしょう。

一人暮らしをしていてペットの世話ができない時間が長いのなら、
誰かに預かってもらうことも考えましょう。
預かりサービスもありますし、親、兄弟、友人にも頼んでください。

「できるだけお金がかからない方法」は考えても良いですが
「いらなくなったら捨てる方法」は考えないでください。